他人から「ブラック企業じゃね?」といわれた出来事をまとめてみた

Business Life

社会人になると、友達同士で仕事の話をする機会が増えます。
特に社会人になりたての頃は、そういった話をすることが多くなる時期だと思います。

私も社会人一年目で当時勤めていた会社の話をしていた時に、

「お前の会社、ブラック企業じゃね?」

と言われて

「うちの会社って、他と違うんだ…」

と思ったことについてまとめてみました。

拘束時間の長さ

まず一つ目は、拘束時間の長さ。

一般企業の平均的な労働時間がどれくらいか分かりませんが、

公務員とかだと、9時~18時くらいだと思います。

一方私の会社は、8時半から23時くらいが仕事時間でした。

業界がITだということもあり、自分の中で

IT = 労働時間が長い

という考えがあったため、こういうものだと思っていましたし、入社する前の面接のときにも

「うちの会社、労働時間長いけど大丈夫?」

と言われて

「はい、問題ないと思います!」

と答えていて、ある程度覚悟していたので自分の中では仕方ないと思っていましたが、製造業や会社員として働いている人に話すと、驚かれることが多かったです。

場合によっては宿泊もある

さらに、友達に驚かれたのは「宿泊」があったことです。

労働時間が長かったのですが、それでも終わらないほど仕事量があり、場合によっては泊まり込みで働くこともありました

自分の仕事が終わっていても、他のプロジェクトで問題があるときには、他の人を手伝うために泊まるいうこともあり、新卒で体力だけはあるといってもなかなかも大変でした。

0時とかに銭湯に行って、帰りにコンビニなどでご飯を買って会社で食べ、それから3時~5時まで働いて寝て起きたら 、8時半から始業…

みたいなことはたまにありました。
フレックス制度なんてものは、残念ながらありませんでした。

1人で泊まって仕事をする、ということはほぼなかったので、当時は辛いながらもワクワクして働いていましたが、今はもうしたくはないですね…

休日出勤もある

当時、新卒で勤めていた会社は、

「仕事が終わらなければ、泊まってでもやれ!」

と社長自身も話していて、実際、私も含めた社員は泊まり込みで働いていたこともあるわけですが、それでも終わらないときには休日も出勤していました。

休日出勤については泊まり込みよりも頻度は多く、土日休みの時も2日とも出勤、最高で20連勤くらいしていたこともありました。

休日出勤って割と普通にあるものだと思っていたのですが、他の人の話を聞くとそこまで多くないんだなと思いました。

あと、休日出勤したら普通、代休があることも友達に言われて知りました。

人間関係の制限

拘束時間の他に驚かれたのは、人間関係を制限されているという点です。

社員同士の連絡先の交換はNG

LINEやFacebookといったSNSはもちろん、電話やメールも社員同士の交換はしてはいけないという決まりがありました。

私自身は会社で友達を作りたいとは思っていなかったので、何の不自由も感じていなかったのですが、他の会社と比べると普通じゃなかったみたいです。

会社の言い分としては、

  • 新入社員同士で話してもネガティブになるだけ
  • 過去に社員同士が連絡を取り合って一緒に辞めたことがある
  • IT企業だから情報漏洩などが起きないように

などと言っていましたが、今考えるとそんなこと知ったこっちゃないと思います。

自分の時間と第三者の目は必要

この記事を読んだ方であれば、

「他人に言われる前に、ヤバい会社だと気づけよ!」

と思うかもしれませんが、自分自身でも今ではそう思います。
ただ当時は、そこまで疑問に思いませんでした。

入社当時は覚えることも仕事量も多く、忙しい状態が続いていたため、思考能力が低下していたのが原因かもしれませんし、他の会社の情報を知らな過ぎたことも原因だと思います。

このことから、自分の会社がどうかを見極めるという点で、自分の時間と第三者の目は入れた方がよいと思いました。

もし自分の会社に不満があるのであれば、自分の時間を作って他の会社のことについて調べてみたり他の会社に勤めている人の話を聞いてみると、自分の会社がどうなのか改めて見えてくるかもしれません。