【プロスピA】2019年坂本勇人、シリーズ1とシリーズ2、どっちが強い?

Baseball Game

どうも、プロスピAに大ハマりしている巨人ファンのさかやんです!

今回は、最近引き当てたシリーズ2の坂本勇人と今まで使っていたシリーズ1の坂本勇人との能力や使用感の違いにを元にどちらが強いかついて紹介したいと思います。

まずはステータスの比較から

先にシリーズ1の坂本の能力を紹介するとこんな感じ。

2019年シリーズ1の坂本は、過去登場した坂本の中で1番守備能力が高く、守備適正がAとなっています。強いことに間違えありませんね。

次にシリーズ2の坂本の能力を見てみましょう。

2019年シリーズ2の坂本は、過去登場した坂本の中で唯一、パワー型となっており、称号なしでミート・パワーAができます。 これまた強いのは間違えありません。

能力・使用感でどちらが強いか比較してみた

能力を見てもらったところで、自分なりに

  • 能力(基礎能力・守備能力・特殊能力)
  • 使用感(打ちやすさ・守備範囲)

の観点でどちらが強いか決めてみたので、理由とともに紹介します。

能力(基礎能力・守備能力・特殊能力)の比較

能力を簡単に比較してみると、

基礎能力:ミートはシリーズ1、 パワーはシリーズ2の方が上。
守備能力:シリーズ1の方が上。
特殊能力:パワーヒッター+広角打法という点でシリーズ2の方が上。

こんな感じになりました。
特殊能力についてはオーダーで発動させたいコンボによってはシリーズ1の方がいいという人もいるかもしれません。

トータルで見てシリーズ2の方が強い

能力を見比べて、シリーズ1のミート型・守備適正Aの坂本勇人よりも、シリーズ2のパワーヒッター+広角打法持ちのパワー型の坂本勇人の方が強いと判断しました。

理由1:シリーズ2は称号次第でミート・パワーの同値が狙える

シリーズ2の坂本勇人は、☆3の称号:好球必打をつけることで、ミート・パワーをAの83の同値にすることができます。(1点狙いとなるので難関ではありますが…)

シリーズ1では、パワーをAにすることも同値にすることができません。

この点で、シリーズ2の方がシリーズ1よりも優れていると思います。

理由2:強いオーダーのコンボで考えるとシリーズ2の方が使いやすい

強いオーダーにしようと思ったときに、どういうオーダーになってくるかというと基本的にスピリットが高く、基礎能力が高い選手が優先されます。

基礎能力が高い選手でオーダーを組もうすると、山田哲人や柳田悠岐などといった強打者が集まってきます。

そうなってくると、自ずとパワーヒッターや広角打法といった強力な特殊能力を持つ選手が集まりやすくなるため、コンボを発動させることを考えると、シリーズ2の方が優れていると判断しました。

使用感(打ちやすさ・守備範囲)の比較

次に使用感ですが、いきなり結論から言うと

打ちやすさ:断然、シリーズ2の方が打ちやすい
守備範囲:違いが分からない…

という結果により、シリーズ2の方が強いと判断しました。

理由1:守備範囲の違いが分からない

「おい、嘘だろ…」

と思われても仕方のない理由ですが、正直なところ違いが分かりません…

そもそも守備適正がBの時点で坂本の守備範囲は広いですし、私自身が坂本のファンだということもあるので、坂本が捕れなければ

「坂本が捕れないならしょうがないな…」

と思ってしまうところが少なからずあります…

もちろん、守備適正Aのシリーズ1の坂本でしか捕れない打球もあると思いますが、今回はこのような結論に達してしました…

理由2:パワーヒッター+広角打法の打ちやすさは別格

基礎能力はシリーズ1、シリーズ2ともに大きくは変わりませんが、シリーズ2にある特殊能力、パワーヒッターもしくは広角打法が発動した場合、断然、シリーズ2の方が打ちやすいです。

シリーズ2の方が、ホームランを打ちやすく、また流し打ちでのホームランも狙いやすくなったと思います。

正直、シリーズ1とシリーズ2とでは、同じ選手を操作していると思えないくらいには違うと感じています。

結論:2019年の坂本勇人はシリーズ2の方が強くて使いやすい

あくまでも私が出した結論ですが、2019年の坂本勇人はシリーズ2の方が強くて使いやすいと思いました。

ただ、人によってはシリーズ1の方が使いやすいという方もいると思うので、一個人の感想として参考にしてもらえればと思います!