【シャドバ/シャドウバース】マゼルベインデッキに相性が良いニュートラルカード5選【悩んだらこれ入れよう】

Game

どうも、さかやんです!

マゼルベインデッキを構築する際、同名のカードを入れないよう選んでいくのが面白さであり、難しさでもあります。

マゼルベインデッキを構築・使用した人であれば

  • デッキ構築の終盤になると何を入れたらよいか悩む
  • マゼルベインデッキの最後の一枚が決まらない
  • マゼルベインデッキで外したいカードはあるけど何と入れ替えたらよいか悩む

というような思いをしたことが一度はあるのではないでしょうか?

今回はそういった方に向けて、僕自身がマゼルベインデッキを使っていて相性が良いと思うニュートラルカードを5枚ほど紹介したいと思います。

マゼルベインと相性が良いニュートラルカードはこの5枚はこちら

僕がマゼルベインデッキを使っていて相性が良いと思うニュートラルカードは下記の5枚です!

  • 5位 スウィンガートリオ・ローアイン
  • 4位 エンジェルシュート
  • 3位 純心の歌い手
  • 2位 氷獄の王・サタン
  • 1位 シヴァ

相性が良いと思う順に順位付けしてみました。

1枚ずつ詳しく説明していきます。

5位 スウィンガートリオ・ローアイン 【フォロワー切れを防いでくれるアタッカー】

スウィンガートリオ・ローアイン(以下ローアイン)は、ファンファーレで疾走持ちのスウィンガートリオ・エルセム (以下エルセム) を手札に加え、エルセムは ファンファーレで突進持ちのスウィンガートリオ・ トモイ(以下トモイ) を加え、トモイはファンファーレでK・B・S・N(以下騎馬戦)を手札に加えることができます。…文章で書くとややこしいですね…

場にフォロワーを出しつつ、手札にさらなるアタッカーを加えられる

マゼルベインデッキはデッキの性質上、毎ターン1体のみフォロワーを残すプレイングが求められます。

そのため、自身の手札のフォロワーしないことや相手の場の複数フォロワーの除去するというのが課題となってきます。

そういった問題をローアインは一枚で補ってくれます。

スタッツこそは低いものの、疾走持ちのエルセムや突進持ちのトモイで相手フォロワーを除去したり、相手リーダーにダメージを与えたりと実際に使っていて、思いの外、助けられる場面が多いように感じます。

そのため、ローアインを5位という位置づけにしました。

4位 エンジェルシュート【汎用性に優れた除去カード】

エンジェルシュートは、相手のフォロワー1体かアミュレットを1つを消滅させることができるカードです。
効果発動後は、お互いのフォロワーが1枚ドローする効果も持ちます。

強力で汎用性の高い除去カード

このカードを一枚入れておくことで

  • アミュレットを軸として回すデッキの対処
  • 高スタッツフォロワーや厄介な効果をもつフォロワーの除去

などをすることができる強力で汎用性の高い除去カードです。

使うタイミングがなく手札で腐るよりも活躍してくれる・とりあえず使えるという場面が多いため、熾天使の剣を4位という位置づけにしました。

3位 純心の歌い手【安心の2ドロー要員】

純心の歌い手は、ファンファーレとラストワードで1枚ドローすることができるフォロワーです。

マゼルベインを引くにはドローソースは重要

マゼルベインデッキはできるだけ最速のターンでマゼルベインを召喚させる必要があります。そのため、序盤のドローというのが重要となってきます。

そのため、フォロワーでありながらこの1枚で消滅・効果除去等がされない限り2ドローできるというのはとても魅力的です。

仮にマゼルベインが引けなかったとしても、手札さえ補充できていれば相手の盤面にも対応しやすくなります。

そのため、純心の歌い手を3位に位置づけしました。

2位 氷獄の王・サタン【ゲーム終盤の救世主】

氷獄の王・サタンは、アクセラレート3でコキュートスカードの中から、ランダムに異なる4枚をデッキに加え、9コスで召喚した場合は、ファンファーレで自分のデッキをコキュートスデッキにすることができます。

コキュートスデッキの説明は今回は省きますが、要は強力なカードで構築されたデッキと思ってもらえればよいかと思います。

終盤、勝利が見えないときの救世主

マゼルベインデッキは毎ターンフォロワーを出すことで相手フォロワーとリーダーにダメージを与えることができますが、ビショップなどのリーダー回復、拮抗している状態だと、決定打に欠ける、勝利が見えない展開になってしまうことがあります。

そういった状況でサタンを氷獄の王・サタンを出すことができれば一気に勝利を近づけることができます。

PPが余った時にもアクセラレートで使うのもあり

マゼルベインデッキは、基本的に毎ターンフォロワーを1体のみにしないといけないため、場面によってPPが微妙に余ってしまう場合があります。

そういったときに、氷獄の王・サタンのアクセラレートを使うことで4枚かつランダムではありますが、強力な異なるカードをデッキに入れることができます。

マゼルベインデッキの邪魔にならないところも魅力ですね。

氷獄の王・サタンは名前と見た目の通り、悪魔であることは間違いないでしょうが、今回はゲーム終盤の救世主として、2位の位置づけとさせてもらいました。

1位 シヴァ【マゼルベインのためにあるカードといってもいいレベル】

栄えある堂々の第1位はシヴァです!

効果は長すぎるので、1位の理由と合わせて部分的に紹介したいと思います。

5ターン目マゼルベインからの6ターン目シヴァの流れは非常に強力

5ターン目にマゼルベインを置けただけでもマゼルベインデッキとしては、よいスタートが切れているといってもよいですが、その次のターンである6ターン目にシヴァを出すことができれば大きく勝利に近づきます。

多くの場合、5ターン目のマゼルベインは高スタッツのままフィールドに残り、相手はこれを処理しないといけません。

さらにその次のターン、シヴァを出すことで相手としては守護持ちの高スタッツフォロワーを処理しないといけない状態となります。これが非常に厄介です。

この流れができた場合の勝率は8~9割ほど(だったと思います)。
相手がリタイアして終わるゲームが多かったです。

8、11、14ターン目のリーダーへの4点ダメージも脅威

マゼルベインの効果による、毎ターンのリーダーへの2点ダメージだけでも厄介ですが、それと合わせてシヴァの効果が働くと、自分のターンの終了時に相手リーダーに6点ダメージを飛ばすことができます。

シヴァの効果によるリーダーへの4点ダメージは、8、11、14ターン目に限りますが、それであっても非常に強力。

いくら相手が回復に優れていても立て直すのは至難の業。多くの場合、そのままゲームが終わってしまいます。

相手からすると脅威と言っていいでしょう…

6、9、12ターン目の自分のリーダー回復も地味にありがたい

相手のデッキの内容やゲームの展開によっては序盤にリーダーがダメージを受ける場合があります。選んでいるリーダーによっては回復ができるカードが採用されずらいということもあるでしょう。

そのようなときにシヴァを出すことができれば、守護を立てつつ少しではありますが、リーダーを回復することができます。

マゼルベインデッキが相手だと分かった途端、ゲームを早めに終わらせようとしてくる相手が多いため、回復は地味にありがたい効果だったりします。

どのリーダーでも絶対に入れたほうがよいレベル

このカードに限っては、マゼルベインとの相性が良すぎるため、どのリーダーをしようするにしても絶対に入れたほうがよいと思うくらい強力です。

もし入れていないのであれば、採用してみてください。
劇的にマゼルベインデッキの使用感が変わると思います…!

マゼルベインデッキ構築に悩んだら、とりあえず入れてみてほしい

今回はマゼルベインと相性がいいニュートラルカードを5枚ほど紹介させてもらいました。

どれもマゼルベインデッキで使用するにあたって汎用性が高いものばかりです。

もし入れるカードに困ることがあったら、今回紹介したニュートラルカードを使ってもらえると嬉しいです!