【プロスピA】今までに登場した球種・変化球をすべてまとめました【全部で○○種類!?】

Baseball Game

どうも、さかやんです!

今回は今までにプロスピAで登場した球種・変化球を全てまとめたので、球種の特徴とともに紹介したいと思います!

※すべてとは書いていますが、記載漏れや更新漏れがあったらすみません…

今までに登場した球種・変化球を紹介します。

球種・変化球ですが、

  • ストレート系 全8種類
  • スライダー系 全5種類
  • カーブ系 全10種類
  • フォーク系 全12種類
  • シンカー系 全8種類
  • シュート系 全5種類

の順で紹介したいと思います。

ストレート系 全8種類

まずはストレートから。ストレートは通常のものも合わせて全部で8球種あります。

  • ストレート
  • ツーシームファスト
  • ムービングファスト
  • ワンシーム
  • チェンジオブペース
  • チェンジアップ
  • 超スローボール
  • 石直球

ストレート

ストレートは、ほとんどの選手が投げることができるバックスピン回転の直球です。

ごく一部の選手は、ストレートを所持しておらず直球としてツーシームファストやムービングファストを投げる場合があります。

ツーシームファスト

ツーシームファストは、ストレートに近い球速で沈みながら変化する直球です。

最近のプロスピAでは、多くの投手が第2ストレートもしくは変化球の1つととしてツーシームファストを所持しています。

ムービングファスト

ムービングファストは、不規則な回転で右斜め下か真下、左斜め下の3方向に小さく変化する直球です。

広島のアドゥワ選手や広島の中崎投手が持ち球として投げています。

ワンシーム

ワンシームは、ストレートに近い球速で沈みながら変化する直球です。

巨人の菅野投手やブルージェイズの山口投手が持ち球として投げています。

チェンジオブペース

チェンジオブペースは、ストレートとの球速差があり小さく下方向に沈む遅い球です。

シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手や楽天の則本投手などが持ち球として投げています。

チェンジアップ

チェンジアップは、チェンジオブペースと同じような変化をする遅い球です。

元オリックスの金子投手が持ち球として投げていました。

超スローボール

超スローボールは、名前の通り、非常に遅いスローボールです。

ボールの軌道はほぼ山なりとなっています。

日ハムのOB多田野投手が持ち球として投げていました。

石直球

石直球(いしちょっきゅう)は、上に浮き上がる伸びのある直球です。

物理法則に反しているこの直球は、阪神のOB呉昇桓(お・すんふぁん)選手のストレートのことを「石直球」と呼びます。

スライダー系 全5種類

  • スライダー
  • 高速スライダー
  • スロースライダー
  • スラーブ
  • カットボール

スライダー

スライダーは、右ピッチャーの場合キャッチーから見て右方向に曲がる変化球です。

巨人の菅野投手やソフトバンクの嘉弥真新也投手が持ち球として投げています。

高速スライダー

スロースライダーは、スライダーと同様の変化で球速はスライダーよりも速い変化球です。

西部のOB稲尾投手や中日のOB岩瀬投手が持ち球として投げていました。

スロースライダー

スロースライダーは、スライダーと同様の変化で球速はスライダーよりも遅い変化球です。

ソフトバンクの千賀投手が持ち球として投げています。

スラーブ

スラーブは、真横に曲がるのではなくスライダーと同じようなスピードで沈みながら曲がる変化球です。

ダルビッシュ投手や楽天の松井選手が持ち球として投げています。

カットボール

カットボールは、ストレートに近い球速で鋭く小さく曲がる変化球です。

オリックスの山本投手やヤクルトの小川投手などが持ち球として投げています。

カーブ系 全11種類

  • カーブ
  • スローカーブ
  • 高速カーブ
  • Dカーブ
  • パワーカーブ
  • ナックルカーブ
  • スパイクカーブ
  • ハンマーカーブ
  • カツオカーブ
  • オージーカーブ

カーブ

カーブは、右ピッチャーの場合キャッチーから見て右斜め下方向に変化する変化球です。

楽天の岸投手や元ロッテの涌井投手などが持ち球として投げています。

スローカーブ

スローカーブは、カーブよりも遅い球速でカーブと同じ軌道で曲がる変化球です。

オリックスのOB星野投手や中日のOB今中投手などが持ち球として投げています。

高速カーブ

高速カーブは、カーブよりも速い球速でカーブと同じ軌道で曲がる変化球です。

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷選手が持ち球として投げています。

Dカーブ

Dカーブは、ドロップカーブの略称でカーブよりも縦気味に曲がる変化球です。

巨人のOB堀内投手や日ハムの金子投手が持ち球として投げています。

パワーカーブ

パワーカーブは、カーブよりも速い球速でカーブよりも縦気味の軌道で曲がる変化球です。

ソフトバンクの石川選手や元阪神のジョンソンなどが持ち球として投げています。

ナックルカーブ

ナックルカーブは、パワーカーブのような球速・軌道で曲がる変化球です。

名称にナックルと入っていますが、プロスピAでは不規則に変化するわけではありません。

オリックスのディクソン投手や広島のOB外木場選手が持ち球として投げています。

スパイクカーブ

スパイクカーブは、パワーカーブのような球速・軌道で曲がる変化球です。

広島のジョンソン選手が持ち球として投げています。

ハンマーカーブ

ハンマーカーブは、パワーカーブのような球速・軌道で曲がる変化球です。

楽天のハーマン選手や広島のレグナルド選手などが持ち球として投げています。

カツオカーブ

カツオカーブは、 100km/hの満たない球速でスローカーブのような軌道で曲がる変化球です。

ヤクルトの石川選手が持ち球として投げています。

オージーカーブ

オージーカーブは、パワーカーブのような球速・軌道で曲がる変化球です。

シアトル・マリナーズの菊池雄星投手が持ち球として投げています。

フォーク系 全12種類

  • フォーク
  • SFF
  • パーム
  • ナックル
  • 縦スライダー
  • 縦カット
  • チェンジアップ
  • スローチェンジアップ
  • パワーフォーク
  • シェイク
  • バニッシュボール
  • スライドパーム

フォーク

フォークは、回転数が少なく下方向に落ちる変化球です。

高めに投げると変化量が少なるという特徴もあります。

横浜のOB佐々木投手やソフトバンクの千賀投手などが持ち球として投げています。

SFF

SFFはスピリットフィンガーファストの略称で、ストレートとは逆の縦回転でストレートに近い球速で鋭く曲がる変化球です。

ニューヨーク・ヤンキースの田中投手やオリックスの山本投手などが持ち球として投げています。

パーム

パームは、フォークよりも球速は遅く曲がり始めが早い変化球です。

中日のOB浅尾投手などが持ち球として投げていました。

ナックル

ナックルは、球速が遅くボールの回転がほぼ無回転で不規則に曲がる変化球です。

横浜の山崎康晃投手が持ち球として投げていました。

縦スライダー

縦スライダーは、縦回転で下方向に落ちる変化球です。

オリックスの山岡投手などの一部の投手は、下方向ではなくキャッチーから見て右斜め方向に変化します。

巨人の菅野投手やロッテのOB小林投手が持ち球として投げています。

縦カット

縦カットは、縦回転で下方向に小さく鋭く落ちる変化球です。

オリックスの山岡投手や広島の大瀬良投手などが持ち球として投げています。

チェンジアップ

チェンジアップは、ストレートよりも球速が遅く少し下方向に曲がる変化球です。

元ソフトバンクの杉内投手や持ち球として投げています。

スローチェンジアップ

日本ハムのOB建山義紀投手の持ち球としてありますが、私自身、実際に投げるところを見たことがないため、どのような変化をするか分かりません…

名前の通りの通常のチェンジアップより遅いと予想しています。

パワーフォーク

パワーフォークは、フォークよりも球速が速くフォークと同じ軌道で落ちる変化球です。

広島の一岡投手などが持ち球として投げています。

シェイク

シェイクは、100km/hの満たない球速で揺れながら曲がる変化球です。

ロッテのOB小宮山悟投手が持ち球として投げていました。

バニッシュボール

バニッシュボールは、真下に落ちるのではなく少しだけ右斜めに曲がる変化球です。

高めでも変化量が落ちないのが特徴です。

ソフトバンクのOB新垣投手が持ち球として投げていました。

スライドパーム

元オリックスの佐藤俊一投手の持ち球と投げていましたが、私自身、実際に投げるところを見たことがないため、どのような変化をするか分かりません…

シンカー系 全8種類

  • シンカー(スクリュー)
  • 高速シンカー
  • 超高速シンカー
  • スローシンカー(スロースクリュー)
  • サークルチェンジ
  • ツーシームファスト
  • バルカンチェンジ
  • パーム

シンカー(スクリュー)

シンカーは、右ピッチャーの場合キャッチーから見て左斜め下方向に曲がる変化球です。

また、左ピッチャーが投げるシンカーのことをスクリューと呼びます。

日本ハムの宮西投手やソフトバンクの高橋礼投手が持ち球として投げています。

高速シンカー(高速スクリュー)

高速シンカー(高速スクリュー)は、シンカーと同様の変化で球速はシンカーよりも速い変化球です。

広島のジョンソン選手などが持ち球として投げています。

超高速シンカー

超高速シンカーは、シンカーと同様の変化で球速は高速シンカーよりも速い変化球です。

西武の牧田投手や日ハムの金子投手などが持ち球として投げています。

スローシンカー(スロースクリュー)

スローシンカーは、スローカーブと同じような球速でシンカーと同様の変化をする変化球です。

巨人の田口投手や元巨人の内海投手が持ち球として投げています。

サークルチェンジ

サークルチェンジは、チェンジアップと同じような球速でシンカー方向に小さく沈んで曲がる変化球です。

日ハムの有原投手や阪神の西投手などが持ち球として投げています。

ツーシームファスト

ツーシームファストは、ストレートに近い球速で沈みながら斜め方向に曲がる変化球です。

広島の薮田和樹投手や横浜の山崎康晃投手などが持ち球として投げています。

超高速シンカー

超高速シンカーは、ストレートに近い球速で曲がるシンカーです。

オリックスの時代の金子千尋投手が持ち球として投げていました。

パーム

元オリックスの佐藤俊一投手の持ち球と投げていましたが、私自身、実際に投げるところを見たことがないため、どのような変化をするか分かりません…

名前の通りの通常のパームと同じ変化をすると予想しています。

シュート系 全5球種

  • シュート
  • 高速シュート
  • シューシン
  • シンキングファスト
  • ツーシームファスト

シュート

シュートは、右ピッチャーの場合キャッチーから見て左方向に曲がる変化球です。

横浜のOB平松投手や西武のOB稲尾投手などが持ち球として投げていました。

高速シュート

高速シュートは、シュートと同様の変化で球速はシュートより速い変化球です。

阪神の青柳投手や広島の中崎投手などが持ち球として投げています。

ツーシームファスト

ツーシームファストは、右バッターの胸元に食い込みながら鋭く落ちる変化球です。

広島の野村祐輔投手やソフトバンクの東浜巨投手などが持ち球として投げています。

シューシン

シューシンは、ツーシームファスト同様、右バッターの胸元に食い込みながら鋭く落ちる変化球です。

オリックスのOB今井雄太郎投手が持ち球として投げていました。

シンキングファスト

シンキングファストは、ツーシームファスト同様、右バッターの胸元に食い込みながら鋭く落ちる変化球です。

シカゴ・カブスのダルビッシュ投手やオリックスの山岡投手が持ち球として投げています。

バルカンチェンジ

バルカンチェンジは、シンカーと同様の曲がりをする変化球です。

巨人の大竹選手が持ち球として投げています。

球種は全部で48種類でした

今回紹介した球種を数えると全てで48球種、同じ名称のものを省くと44球種あることが分かりました。

こうしてみると、結構球種があるのものですね…!

参考になれば幸いです!