【プロスピA】リアルでエグい山本由伸投手がプロスピAだと案外打ちやすい理由

Baseball Game

どうも、さかやんです!

皆さんはこの試合をご覧になりましたか?

オリックスの山本由伸投手が2020年の初試合で投げた様子ですが、見てもらえば分かる通り、エグイですよね。

プロの選手がボールの下を振ってしまうほどのストレートにストレートと変わらないスピードで曲がる変化球、更に2019年のオフに磨きをかけたカーブとどの球も1級品…

マジでエグイです(語彙力)。

そんな山本由伸投手ですが、ゲームのプロスピAだと案外打ちやすいです。

特別、自操作が上手くはない私でも打ててしまいます。

今回は、リアルでエグい山本由伸投手がプロスピAだと案外打ちやすい理由について紹介します。

プロスピAで山本由伸投手が打ちやすい理由

僕が思う、プロスピAで山本由伸投手が打ちやすい理由は下記の2点です。

  • 変化球の曲がり幅が小さい
  • 球速差が小さい

詳しく説明していきます。

変化球の曲がり幅が小さい

山本由伸投手がプロスピAで投げられる変化球は下記の通り。

数が多く、第2球種持ちではありますが、1つ1つの変化量はそんなに大きくはありません。

第二球種として高速スライダーとスローカーブがあるため、同方向の変化球で惑わすこともでき、リアタイでも活躍してくれそうな能力です。

配球の組み立てが上手くないと打たれる

どの投手にも言えることではありますが、配球の組み立てが上手くないと能力が高い投手を使っていても打たれてしまいます。

特に山本由伸投手の場合、変化球のほとんどが縦横の変化のため、ミートしやすいです。

そのため、同方向の変化球の使い方、斜め方向の変化球をうまく使えないと打ち込まれてしまうでしょう。

球速差が小さい

山本由伸投手の持ち球を球速順で並べてみると下記のようになります。

球種名球速(km/h)球威変化量
ストレート157A
高速シュート155D2
ツーシームファスト152C
カットボール147B2
SFF145A3
高速スライダー144C4
Dカーブ123C4
スローカーブ107E2

ご覧いただくと分かる通り、カーブを除いた持ち球が140km/hオーバーとほどんどの球種が速いのが特徴です。

ストレートのようなスピードで鋭く変化する山本由伸投手の球は、リアルでは非常に打ちにくいですが、プロスピAだとそれが逆に打ちやすくなってしまいます。

ストレート待ちで反応打ちできてしまう

打ちやすい原因は、ストレートのタイミングで待っておけばバットには当てやすいからです。

カーブ系以外の球であれば、ストレート待ちで縦横に変化したら合わせて打つ。という風にすれば案外打ててしまいます。

バッターのタイミングを狂わせるために緩急をつけるにしてもカーブ系でしか球速差をつけることができないのも打ちやすいポイントです。

最後に

今回は、プロスピAで山本由伸投手が打ちやすい理由について紹介しました。

冒頭で紹介した動画を見る限り、2020年の山本由伸投手はカーブの変化量が大きくなりそうなので、そうなると今よりも打ちにくい投手になるのではないかと予想しています。

最後になりますが、私はまだ山本由伸投手を持っていないので切実に欲しいです(泣)